複合型まちづくり

事業内容

オフィス、商業、ホテル、カンファレンス施設など複合型のまちづくりに取り組んでいます。地域の歴史と未来を見据えたグランドデザイン、地域や多様な事業主体間の連携・調整、そして長期的なビジョンに基づいて価値ある"まち"へと育てていくためのノウハウ。投資・開発と運営の両輪で、独自の発想から、まちづくりの実績を積み重ねています。

事例紹介

多様な人々や感動との出会いを創造する「グランフロント大阪」

「グランフロント大阪」は、JR「大阪」駅北側の「うめきた先行開発区域プロジェクト」として、オリックス不動産を含む民間の開発事業者12社(2013年当時)で開発しました。まちづくりのコンセプトは、国際的な情報、人材の蓄積、交流拠点を形成し、この"まち"で生み出される多様なイノベーションを通じて、大阪・関西、さらには日本の成長・発展に寄与することです。ホテル、オフィス、分譲マンション、ショップ&レストラン、約10,000㎡の憩いの空間「うめきた広場」に加え、中核施設「ナレッジキャピタル」などの多様な都市機能を集積しています。それぞれの都市機能相互の有機的な関係性を構築し、互いに惹き付け合い、影響し合い、変わり続ける力をもつまちづくりを目指しています。

グランフロント大阪

知的創造・交流の場「ナレッジキャピタル」

ナレッジプラザ
ナレッジプラザ

企業人、研究者、クリエーター、一般生活者それぞれの「感性」と「技術」を融合させ、新しい価値を創造する。それが、知的創造・交流の場「ナレッジキャピタル」が目指すものです。分野を超えた協業でプロジェクトを興し、一般生活者の声をフィードバックしながら洗練させていく"場"と"機能"をご提供しています。

サステナブル社会の実現への取り組み

うめきた広場
うめきた広場

国土交通省の「住宅・建築物省CO2先導事業」として、大規模な屋上緑化、街区緑化、太陽光発電など「実効性の高い省CO2技術の採用」および「持続可能なマネジメントシステムの構築」により、環境への配慮を徹底しています。また、環境に配慮した外装や高効率熱源設備の採用により、環境性能評価「CASBEE大阪 Sクラス」を取得しています。

国際歓迎・交流拠点ささしまライブ24「グローバルゲート」

グローバルゲート
グローバルゲート

「ささしまライブ24」は、名古屋駅南側の貨物駅跡地(約12.4ha)を再開発する大規模プロジェクト。「交流」「環境」「防災」をキーワードに、産・官・学のコラボレーションによる「国際歓迎・交流拠点」の形成を目指した賑わいのある複合型まちづくりです。オリックスを含む民間事業者5社が出資する「ささしまライブ24特定目的会社」を事業主として、まちの中核となる複合施設「グローバルゲート」を開発しました。

国境や文化を超えて人々が集う場所

「ささしまライブ24」の中核となる複合施設「グローバルゲート」は、オフィス、ホテル、カンファレンス施設、自然とふれあいながらショッピングや食事が楽しめる商業施設などで構成され、新たなビジネス、国際交流、賑わい、文化を生み出しています。

自然と都市の融合、防災にも配慮

オープンエアプラザ
オープンエアプラザ

ケヤキ並木や屋上庭園、グリーンウォールを整備し、都市と自然を融合させています。また、制震構造による高い耐震性に加え、電源供給は本線と予備線の2回線受電を採用。約48時間運転可能な非常用発電機と燃料を装備し、入居テナントの事業継続性を高めています。

ヒト、コト、モノが交差する新しい交流の場「クロスゲート金沢」

「クロスゲート金沢」外観(イメージ)
「クロスゲート金沢」外観(イメージ)

金沢市が公募した「インターナショナルブランドホテル事業」として、JR「金沢」駅西口に複合施設を開発するプロジェクトです。「ハイアット セントリック 金沢」「ハイアット ハウス 金沢」の2つの外資系ホテル、商業施設、分譲マンション「ザ・レジデンス金沢」で構成され、屋上庭園「みらいの丘」を設置します。施設名称「クロスゲート金沢」には、国内外から人・モノ・情報が集い、その交流を通じて新しい価値を創造していく「世界の交流拠点都市」を目指す金沢の玄関口として、地域の発展に貢献したいという思いを込めています。2020年の開業を予定しています。

「金沢発」と「金沢初」が融合した商業施設エリア

商業施設エリア1階(イメージ)
商業施設エリア1階(イメージ)

1、2階の商業施設エリアには、地域の方々、金沢を訪れる方々にお楽しみいただける「プレミアムフード&レストラン」をコンセプトに、地元店舗、金沢初進出や新業態の店舗など、「金沢発」と「金沢初」が融合したスイーツショップやレストランなど全34店舗(予定)が揃います。