5つの事業分野 説明イラスト

不動産投資・開発事業

長期的なビジョンに基づくグランドデザインで、価値ある”まち”を育みます。

その場所に最適な不動産開発を行うことで、まちに安心・快適・活力を提供する

オフィス、商業施設、物流施設など、暮らしに欠かせないさまざまな物件を、その場所に最適なデザインで投資・開発を行っています。
また物件を建てて完結するのみならず、投資・開発と運営の両輪を担うオリックス不動産のノウハウと、オリックスグループならではの発想力を生かし、価値あるまちづくりを行っています。

事業詳細

事例

グランフロント大阪

グランフロント大阪 写真

【開業】2013年4月
【所在地】JR「大阪」駅北側

【概要】ホテル、オフィス、分譲マンション、ショップ&レストラン、約10,000㎡の憩いの空間「うめきた広場」に加え、中核施設「ナレッジキャピタル」などの多様な都市機能を集積。

【環境配慮】国土交通省の「住宅・建築物省CO2先導事業」として、大規模な屋上緑化、街区緑化、太陽光発電など「実効性の高い省CO2技術の採用」および「持続可能なマネジメントシステムの構築」により、環境への配慮を徹底。また、環境に配慮した外装や高効率熱源設備の採用により、環境性能評価「CASBEE大阪 Sクラス」を取得。

クロスゲート金沢

クロスゲート金沢 写真

【開業】2020年8月
【所在地】JR「金沢」駅西口

【概要】ホテル「ハイアット セントリック 金沢」「ハイアット ハウス 金沢」、多様な店舗が集まる商業エリア、分譲マンション「ザ・レジデンス金沢」で構成する複合施設。

【地域共生】商業施設エリアには、地域の方々、金沢を訪れる方々にお楽しみいただける「プレミアムフード&レストラン」をコンセプトに、地元店舗、金沢初進出や新業態の店舗など、「金沢発」と「金沢初」が融合したスイーツショップやレストランなどが揃います。

松伏ロジスティクスセンター

松伏ロジスティクスセンター 写真

【開業】2019年4月
【所在地】埼玉県北葛飾郡松伏町

【概要】最大8テナントの入居が可能。東京都心から約30km圏内で、東京外郭環状道路(外環道)、国道16号へのアクセスにも優れた、物流拠点に適したエリアに位置。

【環境配慮】非常用発電機を設置するなどの事業継続計画(BCP)に対応しているほか、環境に配慮した省電力LED照明を採用しています。

【安全・安心・快適性】「働きながら健康を促進する」をコンセプトに、共用部分には、お昼休みなどにリフレッシュできる無料Wi-Fiが利用可能なカフェラウンジや開放感のある屋外テラスのほか、フィットネスルームを設置。

トピック

うめきた2期地区開発プロジェクト

うめきた2期地区開発プロジェクト
うめきた2期地区開発プロジェクト

大阪駅前の貨物ヤード跡地にて大規模複合開発を進めている、うめきたプロジェクト。2013年にグランフロント大阪を開業した先行開発区域に続き、うめきた2期地区開発プロジェクトとして、オフィス、ホテル、中核機能、商業施設、都市公園、住宅を有し、うめきたから大阪、関西、そして世界をリードするまちづくりに取り組んでまいります。
暮らしからビジネスまで、さまざまな人々の幅広いシーンでの活用を目指し、2024年夏に先行まちびらきをむかえます。